日本では気づきにくい、海外旅行だからこそ気をつけることを紹介します。

海外は日本にはないリスクが潜んでいる

忍び寄るリスク

 

日本は非常に安全です。

 

しかし、暮らしの拠点を海外に移すようなことがなければ、日本の安全さを実感するのは難しいでしょう。
長く日本に暮らしていると当たり前になっているために普段は気づきませんが、一歩でも母国を離れると常識と思っていたことが非常識に変わることも少なくありません。

 

例えば、フォトジェニックな風景がたくさん見受けられる海外では、写真撮影の許可取りは大切になります。
また、あまりにおしゃれな格好をすると悪い人に目をつけられるかもしれません。
重大な犯罪に巻き込まれないよう、海外旅行の前に日本人が気をつけねばならないことを確認しておきましょう。

 

海外旅行の際に気をつけなければいけないこと

基本的にお金は持ち歩かない

私たちが思っている以上に、海外に行くと犯罪に巻き込まれる可能性が高いです。特に“スリ”や“置き引き”は一般の海外旅行者に限らず、芸能人や著名人までかなりの数の日本人が被害に遭っている見過ごせないトラブルになります。

 

背後から財布を盗み取ろうとするスリの手

 

お金を一カ所にまとめない”、“そもそも現金を持ち歩かない”などの対策は有名ですが、非常に有効的な取り組みになります。
基本的には持ち歩きたくないですが、やむを得ずお金を持ち歩く場合は洋服の内側に携帯できるようなボディバッグを用意して犯罪対策を行う必要があるでしょう!

 

貴重品の入った荷物で席を確保しない

 

置き引きの原因になる行為

 

日本のカフェやレストランに入ると、自身が席を確保したことを証明するためにリュックサックやポーチを置いたまま席を離れる光景をよく目にします。
しかし海外だとこのような席を確保するという行為は基本的に通用しないです!

それどころか、逆に放置された荷物は「どうぞご自由にお持ちください」という解釈をされ、簡単に窃盗されてしまいます。
また、席に着いていても“座らない席に鞄を置いておく”ことは危険です。

荷物から少しでも距離がある場合は、そのまま持って行かれてしまうことがあるので十分注意しましょう。

 

スマホを人目につく場所でみだりに使用しない

スマホは地図アプリや乗り換えアプリなど、町中で非常に便利なアイテムになります。
しかし、スマホは贅沢品です。
海外で日本と同じように町中でスマホを手に不用心な行動を取っているとそのまま強奪されてしまうなんてケースは珍しくありません。

 

特に日本で人気の“iPhone”は、海外において相当な高級スマホです。
売却すれば高価な値段で取引されるもので、いわば高級アクセサリーを身につけているようなものになります。
机に置きっぱなしにすることはもちろん、みだりに人目につく場所で使用しないようにしましょう。

 

楽しい海外旅行を守るための警戒を

そんなことまで気をつけなければいけないの?」というような内容になりましたが、海外ではこれくらい当たり前に気をつけなければいけません
ここまで色々と注意喚起をしましたが、海外旅行は楽しいものです。
楽しいはずの旅行の思い出を台無しにしないためにも、大切なものは肌身離さずしっかり守ってあげる振る舞いが大切になるのではないでしょうか。