英語圏非英語圏に関わらず、英会話ができると海外旅行が便利になります。

ハワイですら英語が必要な場所もある

多くの日本人に好まれる海外旅行の定番スポットと言えば“ハワイ”です。ハワイによく行く人の中には「英語をしゃべらなかったよ!」という人も少なくないほど、日本人向けの観光スポットといえます!

 

有名観光地でも日本語が通じない…

しかし、それはホテルやサービスにお金をかけた場合の話です。ハワイも例外なく海外なので、英語の活用が必要な場面も多くあります。
かといって難しい勉強をする必要はありません。
要所要所で活躍する“簡単な英会話”を覚えておくだけでも非常に快適に過ごすことができるでしょう。

 

簡単な英会話を身につけておくと役に立つ場面

滞在先への入国時

機内の簡単な受け答えを除き、海外旅行で最も最初に英語の必要性を感じるのは“入国審査”の時と言われています。

 

 

What’s the purpose of your visit?
(本国を訪れた目的は何ですか?)


 

この質問は、海外旅行に行ったことがなくても学生の頃に聞いたことがあるくらい有名です。

 

I came for sightseeing(私は観光しに来ました)」などの簡単な返しを用意しておくことと、何を言っているか理解できる程度のリスニング能力は身につけておきたい場面になります!

 

交通機関の利用時

個人で海外旅行を企画した場合、観光スポットに行くまでに電車やバス、タクシーを利用する必要があります。
海外では交通機関が日本ほどしっかりと動いているわけではないため、状況に応じて時間を確認したり、駅員や運転手に目的地まで行くことができるのか確認する必要が出てくるでしょう。

 

Does this train go to the hospital?(この電車は病院まで行きますか?)」など、スマホで画像を表示させながらでもいいので、簡単なフレーズで目的地まで行くことが可能かどうか確認できるとスムーズに行動することができます!

 

写真撮影の許諾時

写真撮影の許可

観光地は比較的日本人も多く、何かと助けてもらえることが多いです。そのような場所で困ることはあまりないように思えますが、観光地では「May I take a photo of this building? (この建物の写真を撮ってもいいですか?)」というフレーズが役に立ちます。

 

これは写真の許諾を尋ねるフレーズです。
海外は日本にはない建築様式を活用した、フォトジェニックな建物が数多く存在しますが、中には写真を撮ることで罰金や逮捕という重罪が課される施設や風景もあります。
日本ではあり得ないかもしれませんが、海外ではあらゆるタブーを考慮した行動が身を守ることになるのです!

 

英会話を覚えておくことで安心・快適な旅を

簡単な英会話を覚えておくだけで、スムーズな意思疎通につなげることが可能です。
また、海外旅行は英会話が通じた成功体験を含めて貴重な思い出になります。
せっかくなら、ほんの2,3個でいいので有効活用できそうなフレーズを覚えて海外旅行に出かけてみてはいかがでしょうか。